畑に電牧(電気柵)を設置しました と 小麦に追肥

2009-04-26
 曇り後雪 最低-3℃ 最高3℃

 今日は寒いです。
 2、3日寒いらしいです。
 その後気温は、20℃以上まで上がるとのこと。
 春まき小麦(春よ恋)を播くのは、その後になりそう。
 でも、ゴールデンウィークに入ると厳しい・・・。


 昨日、パン屋を閉店したあと、畑を見に行ったら、”シカのやつ”が大事な大事なキタノカオリ(前年秋に播いた秋まき小麦)を喰っているでは無いか!
 しかも数えると8頭も・・・

 人間が近づくと逃げるでも無く、
 ぴょーん、ピョーン
 と、ある程度の距離を保ちなが少しずつ離れるという
 ”全然かわいく無い”動き。

 こういうのを見ると
 ハンターに電話したくなる。

 ま、その前に、畑を囲むように柵をすることに。
 冬の間は、雪が積もるから、秋の最後の方に片付けていた柵を出してきた。
 この柵、鉄線のワイヤーをよったみたいなので、これに高電圧をかけるというもの。
(太陽電池で充電した電気を使います。農機具展示会で中古で買ったヤツ)

 何も知らない新人のシカは、
 いつものように小麦を食べにくると
 「なんだ?コレ?」
 と、鼻先を近づけた瞬間、”ビシッ”という電圧ショックで
 飛び上がる。
(飛び上がるかどうかは、知らないが、以前、間違って自分が触れてしまった時、そんな感じがした。あまり触れたくないシロモノ)

 ベテランシカは、近よりもせず。
 たまに、”運動神経の良いシカ”が
 飛び越えて入ったりするのだけども。
 ま、それでも、そういうシカは長居はしないので、畑をそんなに荒らさずに出てくれる。

 唯一難点は、雑草が伸びる季節になると、
 この電気柵に草が触れて、電圧が地中に逃げてしまう。
 そうなると、”ただのヒモ”。
 シカ、入り放題。
 なので、柵の周囲を草刈りし続けなくてはいけない。

 とにかく、今日、柵を設置したので、
 新芽のキタノカオリをしばらく守れるということ。

 柵を設置したあと、小麦に追肥をした。
 追肥をしていたら、雪が降ってきた。
 魚かすなど使うボカシの有機肥料なので、ちょっと良い香り。

 晴れてると、この匂いがアチコチに風で流れて、また新たな動物がくるかもしれない。
 匂いを散らさないためにも、この雪は良いかもしれない。
 空から来る鳥には、柵の効果無いし。

 ”大自然”な中での小麦作りも、結構疲れるものです。
 いよいよ、始まりです。


 帰って、新聞を読んでいたら、
 旭山動物園で、エゾシカの生態展示を始めるとの記事。
 面白いのだろうか???

2008042601.jpg

 追肥をしていたら 雪が降ってきました





     パン酵房fu-sora




カレンダー
<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
検索
タグ
以前の記事
コメント
    ■いただいたコメントは、必ず読ませていただいております。
    ご感想・ご意見、コメントお待ちしております。
    コメント返しが遅くなってしまうこと、ご了承ください。
    ■記事に関連性の無いコメントと判断した場合、削除させていただくことがあります。
    何卒ご了承ください。

  • fu-sora
  • macha
  • fu-sora
  • natsumi
  • fu-sora
リンク