旭川からクロカンのお友だちがやってきました

2009-03-28
 曇り後雪 最低-8℃ 最高0℃


 最近、パン屋からのお知らせばかりの『fu-soraの日々(このブログ)』。
 全然、『日々』じゃないというツッコミも方々からいただいたりして。
 書くことが無い訳じゃなくて、書かないというか書けないというか・・・。

 ま、言い訳はこの辺にして、久々の『日々』です。


 今日はそらぽん、朝からウキウキ。
 というのは、音威子府のクロカン大会の時に約束していた、旭川のクロカン友だちと一緒に練習する日だから。

 子どもたちのするクロカン(クロスカントリースキー)は、12月下旬から3月下旬までの3ヶ月間が大会シーズン。
 各地で行われる大会をあちこちと遠征。
 今シーズンは、10個の大会に出てきました。

 成績の詳細はさておき。
 気にしているこのブログの読者もいるので、別に書こうと思ってはいたのですが、大会は、ほぼ毎週のごとく。
 なので書くヒマも無く・・・。
 そうこうしている間に大会シーズンも終了。
 なのでここではさておきです。


 そらぽんが通っている小学校は、全校児童9人の小さな学校。
 4月からは、全校児童5人になり、また少なくなります。
 そんなそらぽん、クロカンの大会が大好き。
 たくさんの友だちに会えるからなのかもしれません。
 結構な年下から上は中学生に至るまで、年齢巾の広いやりとりをしているようです。
 子どもの頃、大阪の大きな小学校に通っていた私は、当初そういう年齢巾に驚いていたのですが、全校児童が少ない小さな学校しか知らないそらぽんだから、そういう年齢巾の友だちになっているのかもしれないと最近思うようになりました。


 先週の音威子府で今シーズン最後のクロカン大会が終わり、レースに向けての気持ちの”上げ上げ”な感じは終了。
 その大会の最後で、もうクロカンできないと思っていたそらぽん。
 白滝(北大雪)には、雪がまだたくさん。
 「練習まだできるよ」と友だちに声かけ。
 そして、今日の一緒に練習となったわけです。

 一緒の練習は、別にコーチングも無い、ただ一緒にコースを滑っただけになりましたが、その表情を見ているとすごく楽しそうで充実した様子。

 そんな練習も1時間ちょっと滑ったところで終了。
 それから2時間、アルペンスキーに繰り出してました。
 やっぱり子どもたち。

 大会シーズン中は、遠慮していたアルペンスキーも今日は、圧雪していないところまでガンガンと滑る始末。
 クロカンスキーをするそらぽんは、いつも見ているのですが、アルペンスキーをする姿は、何年ぶりでしょう。
 ヘナチョコスキーしかできない私からしてみれば、何だかかっこ良い滑り。
 あちこちで社交的になっているだけでも驚いていたのですが、いろんな面で成長しているようです。


 4時半まで一緒に滑って満足したようで、また会おうと約束して別れました。
 家に帰ったそらぽんは、いつもより多弁。
 お手伝いもすごく率先していて、今日は、本当に楽しい一日だったようです。


 中学生は、合宿があるのに、小学生も合宿があればもっと楽しいのに。
 と、”クロカンばか”のそらぽんの言葉。


 クロカンをしていることで各地にできた友だち。
 将来も良き友人、良きライバルであって欲しいものです。
 これからも、楽しく成長することを願っています。


 大会シーズンは終わりましたが、雪があるので、まだまだ楽しめそうです。





     パン酵房fu-sora




カレンダー
<< January 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
検索
タグ
以前の記事
コメント
    ■いただいたコメントは、必ず読ませていただいております。
    ご感想・ご意見、コメントお待ちしております。
    コメント返しが遅くなってしまうこと、ご了承ください。
    ■記事に関連性の無いコメントと判断した場合、削除させていただくことがあります。
    何卒ご了承ください。

  • fu-sora
  • macha
  • fu-sora
  • natsumi
  • fu-sora
リンク